TOEICの英単語を覚えられない理由と克服方法について

TOEIC 英単語 覚えられない

TOEICに限らず、英語全般の勉強をする上で英単語力は必要不可欠です。
英単語を知らなければ、何も出来ないからです。
長文も読めないですし、リスニングも全く分からないからです。
英文法も問題も、問題文自体が読めないと思います。

文脈や前後の単語から、英単語の意味を推測するという方法もあります。
とはいえ、ある程度の英単語力がないとそれも話にならないです。
推測するのに時間が掛かりますから、その分もロスですしね。
時間制限があるTOEICでは、それは勿体ないです。

英単語を覚えられない理由は、長期記憶が出来ていないからです。

記憶には、種類があることをご存知でしょうか。
短期と長期という記憶の2種類があります。
まず最初は短期記憶に入り、限られたものが長期記憶に移行するイメージで良いと思います。

英単語の場合、どちらの記憶が望ましいでしょうか。
当然ですが、後者の長期記憶ですよね。
短期記憶だと忘れてしまうので、覚えられないのです。

短期記憶を長期記憶にする為には、2つのパターンがあります。
感情を動かすか、繰り返すかの2つです。

人は感情が大きく動いた出来事を、長期記憶にする傾向があります。
皆さんも、人生の中で印象深い出来事は結構覚えていると思います。
誕生日にお祝いして貰ったこと、失恋で傷ついた出来事などは覚えていないでしょうか。
それは、感情が大きく動いたからです。

とはいえ、感情を動かして英単語を覚えるのは難しいですよね(苦笑)
単語を覚えるというルーチンワークを、感情的に行うのは結構しんどいです。

ですから、英単語を覚える場合には繰り返し学習するのが良いです。

同じ情報が何度もインプットされると、脳が重要な情報だと認識します。
これにより短期記憶から長期記憶に移行する流れです。

この繰り返し学習に関してですが、アプリを使うのが良いと思います。
アプリならば、効率よく英単語学習が出来るからです。
不正解、覚えにくい英単語も繰り返し表示出来ますよね。

また、単語帳と比べて邪魔にならないです。
英単語の本もありますけど、やっぱり荷物になってしまうからです。
自分のペースで英単語を覚えられるので、非常に効率が良いと思います。

ポイントは、TOEIC向けの英単語であることです。
TOEIC独自の頻出単語もありますから、TOEIC用の英単語である方が良いです。

当ブログでは、TOEIC対策用のおすすめアプリをご紹介しています。
英単語のコンテンツもありますから、興味がありましたら下記の記事もご覧下さい。

900点も目指せる!TOEICの対策におすすめの最強アプリ